昨年のクリスマス前に行ったバンコク、旅の始まりは何故かこちらから・・・



札幌でちょっとした飲み会があって、その足でそのままバンコクへ。
アエロプランで出発地を札幌にしての発券でした。
おかげで飲み会の片道交通費が浮きました(行きもおじゃるの特典だったが^_^;)

札幌では飲み過ぎで、寝不足のまま空港へ。
当初の予約便は20:30の便、でもコレだとDining h に行けない。
また飲み会で一緒だった仲間にあわせ、早い便に前倒しを計画。
ところが、読み甘く千歳空港の国際線乗継カウンターはカオスですよ。
ほとんど多種多様の外人、セントレアと違って優先カウンターも無い。
それでもカウンターのおねーさんが察してくれ、隣のカウンターから手招きしてくれたので、ありがたくチェックイン。
すると前倒しで乗りたい便は既に空席待ち。
アエロプランの激安特典にもかかわらず、ここからANAダイヤの本領発揮。
楽屋裏に電話を掛けてくれたと思ったら1席出て来ました、しかもバルク席の通路側。
ANAさんありがとうございます。

羽田到着後はよせばいいのに近場で昼飲み。
この時はバンコクであんなになるとは夢にも思いませんでしたwww

この日は深夜便の出発、前日も寝不足だったので、その後はラウンジで一休み。



Dining h も美味しく頂きましたよ。


深夜便の機材は787のリージョナル



いわゆるクレードルってやつね。
実はコレを国際線で乗るの初めてなんだよね、国内線のPCなら当たりだけど、ビジ席としては寝ないなら及第点か??
それにしてもモニター小っちゃ?

ここでもダイヤモンドのわがままが通りました。
通路側を指定していたんだけど、窓側が空いてたので羽田のカウンターで、今日の空席状況を確認。
するとブロックOKのサインが出たので、ありがたくブロックして貰いました。
僅か30,000マイルでやりたい放題。

離陸後は寝酒の一杯。



12月からANAの国際線近距離以外のビジネスクラスのシャンパンが変更になっています。
Henriot(アンリオ)に変わったけど、先日のクリュッグと同じ様にワイングラスに注ぐそうです。
コレだといっぱい入るので、早く飲まないと売り切れちゃいそうですな。

機内食はこちら



う~ん、バンコク線はおじゃるよりクオリティが高いな。

最後にコーヒーを飲んで目を覚ましました。