ダメな男に振り回されれて、どんどん転落していくうえに、立ち直ろうとしたら殺されてしまう。

本当に救いがないストーリーだけど、この映画が好きでたまらない。

DVDも持っているほどだ。

 

松子演じる中谷美紀はあんなにきれいなのに、男によって人生が狂わされてしまう。

学校の先生という仕事を得ているのに、風俗に落ちて服役までして、最後は醜い姿でこの世を去る。

まともに生きているように見えても、親に愛されない、認めてほしいという気持ちからレールをそれてしまうものなのね。

 

ここまで激動の人生ではないけど、どんどん堕ちていくところは感情移入してしまう。

ごみ溜めのような部屋で暮らしているし、そろそろ末期か。

松子は光GENJIにはまっていたが、いまなら嵐?

誰にもはまれないから殺害だけはまぬがれるか。

 

気が滅入ったときに見て、さらにとことん落ち込むという使い方をしている。

どん底でしかないけれど、堕ちるとこまで堕ちたらむしろ気が晴れる。

そろそろ松子を見ないとダメかも。

 

同様の理由で岡崎京子も好きだ。

女の欲望やそれをうまく操れずに堕ちていく姿が見事。

私はもっと無様にいきているけど、どうせ堕ちるならこのように散りたい。

 

劇中歌の『まげてのばして』も口ずさみたくなる。

おなかがすいたら帰ろう

やっぱり実家に帰るべきなのか。

松子と違って親は受け入れてくれるだろうけど、これ以上迷惑をかけたくはない。

結婚もできないなら親の老後に寄り添うくらいの親孝行しかできないけど、もう少しいまの場所でもがこうと思う。